ほくろ除去治療を受けてスッキリしよう【きれいな仕上がりになる傾】

きれいな仕上がりが特徴

看護師

平均的な費用を知っておく

ほくろはメラニン色素が集まっているため、茶褐色や黒っぽい形状をしていますが、大変ポピュラーな皮膚の病変なので、量や大きさには違いがありますが、誰にでも見られます。顔や首、胸元などの目立つ部分にあると、見た目の印象が悪くなってしまうので、美容外科のクリニックでほくろ治療を受けたい人が増加しています。直径が5mm以下のほくろの場合は、医療用のパンチなどを使って円形にくりぬいてから、巾着状に縫合をするくり抜き法を行うことがあります。くりぬき法は多少のダウンタイムはありますが、再発がほとんどないのが特徴です。くりぬき法は3万円から、5万円前後の費用が必要です。炭酸ガスレーザーを使用したほくろ除去は、皮膚に含まれている水分にレーザーが反応して、ほくろを取り除く方法です。直径が5mm以下で盛り上がっていない状態の時に、レーザー治療を勧められることが多いです。レーザー治療はくりぬき法に比べると、ダウンタイムが短く、傷跡も目立ちにくいので人気があります。炭酸ガスレーザーの場合は、2万円から、3万円前後で施術が受けられることが多いです。美容外科のクリニックによって、多少は料金が違ってきますが、初診料や麻酔代、病理検査代などが必要になります。信頼できる美容外科のクリニックでは、診察やカウンセリングに時間を掛けてくれるので、最適な治療法を提案してくれます。比較的小さい形状の場合は、費用を抑えることが出来ますし、傷の治りも速い傾向があります。完全個室で診察が受けられるので、納得が行くまで説明を受けて下さい。ほくろの直径が5mm以上の大きさだったり、皮膚から盛り上がっていたりする場合は、レーザー治療では対応が難しいため、電気メスによる切除縫合法を提案してくれることが多いです。電気メスは痛みや出血などが少なく、きれいにほくろを切除できますし、時間を掛けて縫合をしてくれるので傷跡も目立ちにくいなどのメリットがあります。ある程度の大きさの場合は、2週間程度のダウンタイムはありますが、切除縫合法は再発が少なく、きれいな仕上がりが特徴です。どれぐらいの費用が必要なのか知っておきたい人が多いですが、切除縫合法の場合は、7万円から10万円前後になっています。地元で評判の高い美容外科のクリニックを選ぶと、診察に時間を掛けてくれるので、皮膚の形状に合わせた最適な方法を提案してくれます。ほくろ治療は豊富な経験が必要なので、症例数を多く取り扱っている美容外科のクリニックがお勧めです。比較的小さいほくろの場合は、炭酸ガスレーザーによる治療が受けられます。レーザー治療のメリットは、傷跡が目立ちにくく、ダウンタイムも短いので忙しい人に向いています。豊富な知識や経験を持っている医師が在籍をしている、美容外科のクリニックを選ぶと、納得が行くまで説明をしてもらえます。病理検査の結果次第では、保険適用が受けられる場合もあるので、費用を抑えることも可能です。顔や首などの目立つ部分にほくろがあると、コンプレックスを感じている人が多いですが、適切な治療を受けることで、自信が持てるようになりお洒落を楽しめます。

Copyright© 2019 ほくろ除去治療を受けてスッキリしよう【きれいな仕上がりになる傾】 All Rights Reserved.